大学の英語の授業って難しい!?入学までにやるべきことも紹介します【新入生・受験生向け】

大学合格したけど大学の英語の授業ってやっぱ難しいのかなぁ… 何をやるのか全く想像できないや!

 

受験英語しかやってこなかったしいきなり外国人と会話とかできないよ…

 

今日はこんな悩める新入生 or 受験生向けの記事です。

 

この記事を読むと

・大学の英語授業の具体的な様子がわかる

・大学の英語授業のレベルがわかる

 

大学の英語授業って聞くと皆さんはどんなのを想像しますか?

ある人は”外国人の先生と英語オンリーで会話する英会話授業”を想像し、

またある人は”英語で大勢の生徒の前でプレゼンをする授業”を想像することでしょう。

 

それと同時にこんな疑問が生まれて来ると思います。

今の俺の英語力で大学やっていけるかな…

英文読めるけど英作文書けないし、喋れない…どうしよう

これは大学の授業が”高校よりも難しい“という思いこみから生まれるものでしょう。

 

ですが、ご安心を。大学の英語授業はそこまで難しくありません。

 

大学の英語の授業ってどんな感じ?

大学の英語の授業は大きく分けて”必修英語“と”選択英語“に大別されます。

 

①必修英語

f:id:noirened:20181210130436j:plain

 

大学毎に僅かな差はあるものの、ほとんどの大学で存在するのがこの必修英語。

どの学部に行ってもこの必修英語は取らなくてはいけません。

というか、取らないと卒業できないことになってます。鬼か。

 

授業内容は先生毎に違います。

学年全員で必修英語をとっていても何をするかはその先生に任せられているので、高校の時のように”教科書忘れたから他クラスから借りる~“ができません。

さて、必修英語では具体的に何をするのか…

 

そうです!

教科書を読んで英文を日本語に訳す」!

ほとんどの先生がこれです。高校と一緒かい!

 

安心しましたか?英文のレベルについては後述しますね。

 

これだけだと、ちょっと拍子抜けなので大学に入って面白いなぁと感じた必修英語を紹介します。

 

ディベート…4,5人のグループに分かれて英語でディベート(大抵日本語使っちゃってます)。グループ代表1人が最後にみんなの前で発表。

大抵この代表は頭いい奴か陽キャがじゃんけんに負けて行います。

 

TOEIC対策…TOEIC対策の参考書を使ってひたすらTOEICの対策をします。

テストもTOEIC対策本から出ます。自分でTOEICを受けていいスコアを出すと褒められたり良い評価が出たりします。個人的に当たり授業。

 

英文暗記大地雷授業。映画内のセリフを暗記してみんなの前で暗唱します。

入学して初っ端知らない顔の前で英語を暗唱するのですから地獄です。

緊張と恥ずかしさで声が震え暗記したはずの英文が飛びます飛びます。

意外とこの暗唱を採用している授業は多いらしく他のクラスでも苦しんでいる声が聞こえました。

 

②選択英語

f:id:noirened:20181210130440j:plain

必修英語じゃ物足りない人が自主的に取ります。

後は、留学に行きたかったり個人的に英会話を強化したかったりという人がとります。

恐らく皆さんが想像している授業が行われるのはこっちです。

具体的には、

 

ディベート…必修英語でもありましたが、わざわざ選択英語をとるほどなのでみんなガチで授業を受けてます。誰も日本語を使わず、自主的に発表したがります。

 

英会話…英会話といいますか先生が外国の先生で授業がすべて英語で行われます。

当然ですがコミュニケーションもすべて英語。皆さんが想像する”大学の講義”です。

留学する人の必修になってたりします。なお出席人数は…

 

○○英語…○には自分の学部の名前が入ったりします。法律英語や経済英語など。

高校の授業では取り扱わないようなマニアックな単語を覚えられます。(覚えさせられます)

 

英語で劇をやるそうです…(恐怖)

セリフや小道具も生徒が用意します。ストーリーはオリジナルではなくても良いそう(童話など)ですがそもそもこの年になって人前で劇をするというのが単純に苦行です。

陰キャには地獄の授業。事前にしっかり調べて授業登録しましょう。。。

 

大学の英語の授業は難しい? 気になるレベルは

必修英語は簡単です

先ほどもお話ししましたが、必修英語は単位取得しないと卒業できません。

なのであまりレベルを上げるわけにもいかないのです…

 

皆さんは大学の入試試験を突破するために難しい英文を読んだり、色々な熟語表現を覚えたことでしょう。

ですが、残念ながら大学の英語の授業で訳す英文のレベルは、

 

入試試験より2段階ほど下のレベルです。

 

僕はMARCHのどこかの大学に通っているのですが、そこで使っていた教科書はこれでした。

一見すると普通の教科書なのですが、公式サイトを見て愕然としました。

f:id:noirened:20181209205453j:plain

f:id:noirened:20181209205535j:plain

高校向教材って書いてある~~~~!!!!!!!!!!

 

はい。そうです。

高校生向けの教材を使っている大学生ですこんにちは。

 

皆さんご安心ください。大学の必修英語のレベルはそこまで高くありません。

 

選択英語はちょっと難しいです

その代わり、選択英語のレベルは高めです。

入試英語を極めていても太刀打ちできないこともままあります。

 

しかし、高めといっても英語がペラペラである必要はありません。

帰国子女でもない限り日本の学生は(練習無しでは)英語をペラペラ話せないので、安心して英会話教室に行きましょう。

そこで身に着けられればいいのです!恥ずかしがらないで!!

 

大学に入学するまでに英語授業のためにやっておくべきこと

とはいえ心配してしまうのが新入生。僕も心配でした。

今振り返ってみて高校3年生の入学前にやっておくべきことを紹介します。

 

試験勉強で手に入れた語彙力を維持する

入試に備えて皆さんは電車の中で単語帳を開いて英単語を覚えたことでしょう。

ですが、その語彙力は決して大学入試のためだけのものではありません

その豊富な語彙力は大学の英語授業において大きなアドとなるので忘れないようにしっかり復習しておきましょう。

(余談ですが、大学生はimplementの意味がパッと思いつきません。受験でやったのにね。おかしいね。)

 

長文読解力も維持する

英語長文も1ヶ月読まないと、ビビるくらい読めなくなります。

センター試験や二次試験が終わっても3日に1回は重めの長文を読んでおきましょう。

これは大学の授業だけでなく、TOEICやTOEFLなどの資格試験や英字新聞などを読むのにも役に立ちます。

この力を捨てるのはあまりにももったいない。是非やりましょう。

 

発音・英会話力を磨く

どうしても心配な人は自分の英語の発音を見直してみましょう。

大学の英語の授業では英文を声に出して読みその後その文を訳すことが多いので(高校も大体そうですが…)、発音をかっこよくしておくと色々お得です。

 

発音?? そんなん磨いてもダセエだけだろwww」とか言ってる人はこの記事みてその認識を改めてください。

www.how-to-survey.xyz

大学で英会話をやりたい人は英会話力(何か言われても英語である程度返せる能力)を磨くのも良いでしょう。

最初からしゃべるのはなかなか難しいのでまずはチャットから…

僕はFacebookで韓国人などと英語でチャットしてたんですが(ゲームの話しかしてない)

最近はそれ専用のアプリがあるみたいですね。

 

語源理解を深める

これはもっともっと英語を極めたい人向けなのですが、大学に入るついでに英語の語源から単語を理解するのがおススメです。 

 

それにあたってなんですけど、最近こんな本を見つけました。

駅の書店で見つけたんですけどこれ最強です。

僕がやりたかったことを全部やってくれました。

今度詳しくレビューする予定ですので少々お待ちを…

 

大学の英語の授業はそこまで難しくない!安心して大学においで~

いかがでしょうか。

大学の英語授業はみなさんが思っているほど本格的ではないことが分かったと思います。

大学に受かって入学するまでは大体1~2ヶ月ほどあります。

その期間で勉強するも良し、大学デビューのために服を買いあさるも良し、高校のみんなでどっか旅行にいくのも最高です。

 

何はともあれ人生最高の高校生活、存分に楽しんでくださいね!

 

ではでは~

コメント

タイトルとURLをコピーしました